遺言作成サポート

遺言の作成や見直しを検討されている方へ


遺言作成サポート

  • EMGの遺言作成サポートは、弁護士のほか、税理士、不動産鑑定士のサポートを受けられます。
  • 遺言者の意思を可能な限り反映させ、かつ親族間の争いを防止するべく多角的に検討します。
  • すでに遺言書(公正証書による遺言を含む)を作成されている方も、作成し直す(前の遺言を撤回する)ことは可能です。
  • ご自分のお考えや状況が変わったり、又は周囲の状況や人間関係が変わったりすれば、それに応じて遺言を見直したほうがよい場合もあります。
  • 2019年1月13日からは自筆証書遺言の方式も緩和されており、また、2020年7月10日からは法務局における遺言書の保管等に関する法律も施行されます。つまり、自筆証書遺言が非常に使いやすくなります。
  • 遺言の作成や見直しを検討されている方は、まずは弁護士にご相談ください。